製作費30億円!“最強”観光列車の実力

JR九州の豪華寝台列車「ななつ星」始動へ

9月13日、JR九州の豪華寝台列車「ななつ星in九州」が10月14日の運行開始を前に報道陣に公開された。

「ななつ星」はディーゼル機関車と客車7両、8両編成の寝台列車である。機関車は川崎重工業、客車は日立製作所とJR九州が製作を担当する。制作費は約30億円。JR九州の人気観光列車「ゆふいんの森Ⅲ世」(4両編成)の製作費は約8億円、小田急電鉄の白いロマンスカー「VSE」(10両編成)の製作費が約17.5億円という数字と比較すれば、「ななつ星」にいかに多額のコストがかけられているかがわかるだろう。

内装は高級ホテル顔負け

この日、公開されたのは機関車と客車のうち1号車(ラウンジカー)、2号車(ダイニングカー)、3号車(客室車)。車内には木材がふんだんに使われ、ソファーやピアノも置かれている。客室内も「柿右衛門」の洗面鉢をはじめ、高級ホテル顔負けの設備が整えられている。

国内にはJR東日本の「カシオペア」、JR西日本の「トワイライト・エクスプレス」といった豪華寝台列車があるが、「ななつ星」の内装は頭一つ抜き出る。JR九州には豪華な内装を売り物にした観光列車がいくつもあるが、それらのレベルをはるかに超えるのだ。唐池恒二社長は、「オリエント急行を目指した」。

次ページ超豪華車両の課題は?
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?