リニア新幹線に乗ってみた

JR東海が試験走行再開、時速500kmを体験

実験車両のスピード表示は最高設計速度近辺まで達した

100、200 、300、400――。スピードはグングン上がり、時速はついに500キロメートル(500km/h)を超えた。揺れ、騒音はともにほとんど気にならない。スピード表示を見ていなかったら、加速しているのかどうか分からないぐらいスムーズな動きだ。

8月29日、JR東海はリニア中央新幹線の山梨実験線で、500km/hでの試験走行を再開した。営業仕様の新型車両「L0系」も報道陣向けに初公開。記者もその試験走行に同乗した。

リニア新幹線とは東京-名古屋-大阪の区間を、超電動磁気浮上式リニアモーターカーで結ぶ鉄道で、JR東海が建設・営業主体となる。順調に進めば、2027年に東京-名古屋間が先行して営業開始となる予定で、2045年頃と想定されている全線開業時には、東京-大阪間を最短67分で結ぶと試算されている。

現時点ではN700系レベルには達していないが…

超電動リニアは、車両に搭載した超電動磁石と地上コイルの間の磁力によって、車両を10センチメートル浮上させ、超高速で走る仕組みである。実験車両に乗ってみた感覚では、東海道新幹線の最高峰であるN700系に比べれば多少の騒音や振動はあるにせよ、一般的な通勤電車やディーゼル特急に比べれば、快適性は断然高いと感じた。

次ページL0系の車内の様子は?
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT