リニア新幹線に乗ってみた

JR東海が試験走行再開、時速500kmを体験

リニア中央新幹線の実験車両(2013年6月、撮影:尾形 文繁)

従来のリニア新幹線実験車両の車体断面は円形だったが、L0系では車内の居住性を上げるため、N700系新幹線のような角型に変えた。「浮上して走る」というリニアモーターカーの性質上、車体の軽量化は不可欠。軽量化と居住性を両立させるため、車内のいたるところに工夫の跡が見える。たとえば座席は新幹線というよりもむしろ飛行機のシートのような薄型となっている。これも軽量化を追及した結果。それでいて座り心地は新幹線と大差ないレベルに達している。

今回の試験走行は、もともと9月からの予定だったが、6月から始まった低速走行での試験が順調だったため、スケジュールを若干早めて実施された。従来の実験線は総延長18.4キロメートルだったが、3190億円を投じ42.8キロメートルへの延伸工事に着手。今回はそこをL0系が走行した格好だ。

三菱重工と日本車両が製造

今回試験走行したL0系は5両編成だが、今後は営業上の編成と同じ12両編成まで増えていく計画だ。車両の製造を担うのは三菱重工業と日本車両。合計で14両製造される。車両に搭載される電磁石等の製造費は360億円が見込まれている。

今後、L0系は500km/hでの試験運行を繰り返し、車両や施設の耐久性能を確認。有料での試乗会も随時開催する計画であり、一般の人でも時速500km/hを体感できる機会が増えそうだ。9月中には品川―名古屋間のルートや各県に作る中間駅の場所が決まり、2014年度には工事着工となる。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • 北朝鮮ニュース
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。