JRの新車両はここが違う!

私が感じたデザイン、乗り心地の違い

企業同士、あるいは製品同士を何かにつけて「ライバル対決」の構図に持っていくのがマスコミの悪い癖。読者の興味を引きやすいし、ストーリーも組み立てやすい。ネタに困ると、つい安易な「ライバル対決」に走ってしまいます。勝手にライバル関係にされてしまう当の企業にとってはいい迷惑でしょうが。

JRのライバル関係?

最近でいえば、JR東日本とJR東海が相次いで投入した新型新幹線が「ライバル関係」になりました。3月16日に営業運転を開始したJR東日本の新幹線E6系は、著名デザイナーの奥山清行氏の手による真紅のデザイン。外観からして、いかにも「速い」という印象を与えます。

一方のJR東海は2月8日に営業運転を始めたN700A。現在の主力であるN700系を進化させ、地震時のブレーキ距離を大幅に短縮したり、ダイヤが乱れた場合に速やかに回復させる定速走行装置を導入したり、カーブ区間の乗り心地を快適にする車体傾斜装置の適用区間を拡大するなどレベルの高い技術を採用しているとのこと。

次ページ新車両の乗り心地は?
関連記事
トピックボードAD
  • 鳥海高太朗のエアポート一刀両断
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
シャープ製パネルで相次ぐ<br>火災事故の深層

19件中10件がシャープ製。消費者庁のデータに登録されている、太陽電池パネルに関連した火災事故の数だ。「原因が特定できない」とし、製品リコールに否定的なシャープ。対策が急務。