宇宙戦艦ヤマト、新作の見所は?

庵野秀明氏も絶賛

「宇宙戦艦ヤマト」が32年ぶりにテレビの世界に帰ってきた。4月7日からMBS系列で放映されている「宇宙戦艦ヤマト2199」である。

ヤマトには過去、何度も“だまされて”きた。1977年公開の劇場版『宇宙戦艦ヤマト』では、ヤマトがイスカンダルにたどり着いたら、テレビ版では生きていたはずのスターシャがなぜか死んでいた。劇場版がテレビ放映された際、「スターシャは死んでいるんだぜ」と中学校のクラスの友人に吹聴したら、なぜかそのシーンが差し替えられて、やっぱり生きていたので、友人からうそつき呼ばわりされた。

1978年夏に公開された『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』では、多くの乗組員たちが死んでしまうラストシーンに号泣した。だが、その年の秋に放映が始まったテレビシリーズ「宇宙戦艦ヤマト2」では、死ぬはずの登場人物がぴんぴんしていて、「あのときの涙を返せ」と思ってしまった。

何度もリメイクされてきたヤマト

2009年に『宇宙戦艦ヤマト復活篇』が公開されたときは、久しぶりにテンションが上がった。エンディングに「第一部完」と大写しされたので、「こりゃ第二部があるのか」と思っていたが、今のところ公開はされていない。

その後、2010年公開の実写版『SPACE BATTLESHIP ヤマト』は面白いか面白くないかと友人と大激論(私は面白い派)の末、「ヤマト2199」という企画を耳にしたときには、正直、もうおなかいっぱいという感じがした。当初耳にした情報では、最新CGでヤマトが動き、キャラクターが現代風にアレンジされているといっても、ストーリーがオリジナルと同じなら、作ってもあまり意味がないと感じたのである。

次ページ今までとは違う!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT