一流のリーダーが実行している8カ条の心得

実行できている経営者は意外と少ない

経営者が、その場その場で不安定な感情的言動をするのは…(写真:pixs4u / PIXTA)

経営者には心得ておくべきことが、いくつかあると思います。なにより大切な心得は、まず、社員の誰にも負けない「熱意」というものを持つということでしょう。経営者には、会社の発展のために「命を懸けるほどの思い」というものがなければなりません。規模の大小を問わず組織の中で、会社の中に1人ぐらいは、人生から仕事を取り除いたら何も残らない、というほどの「滾(たぎ)るような熱意を持った人」がいなければ、その組織は成り立っていくはずがないのです。

この連載の一覧はこちら

もちろん、この心構えは、一人ひとりの社員に求めるべきものではありません。社員は、それぞれの役割を果たすだけで十分で、必ずしも命を懸けるほどでなくても許されます。しかし、社長たるものは、イギリスのウィンストン・チャーチルの言葉のように、つねに「Alone very well!」(俺1人で十分だ。このイギリスを救ってみせる)という強烈な熱意、また、武士の心得を書いた『葉隠』にあるように「芸は身を亡ぼすなり」、すなわち、心に「遊び」「すき」があるときに失敗するとありますが、そのとおりでしょう。

社長たる「役割」を果たす、その間は、決して「心を許して、遊んではいけない、死をも覚悟するほどの熱意がなければいけない」ということです。これが心得の第一です。

言動には「一貫性」が必要

2つ目は、その言動に「一貫性」がなければならないということです。社員が同じことをしても、あるときは評価し、あるときは叱責する。ある社員は厳しく注意するけれど、別の社員には特段に注意もしない。これでは、社員に不信感が生まれ、会社全体がまとまりません。

そのためにも、経営者は方針(この会社はなんのためにあるのか、どのような心構えで仕事に取り組んでいくのかということ、そして最終目標、加えて具体的目標)を明確にする必要があります。その方針を、すべての経営を進めるときの「物差し」「座標軸」にして、自身の言動を貫いていくべきでしょう。方針に沿って、確固不動の対応をするとき、社員は納得し、全力を尽くし、会社を発展させていくということになります。とにかく、経営者が、その場その場の不安定な感情的言動をとることほど、会社の衰退を早めるものはないと思います。

次ページ持つべき意識
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?