松下幸之助「リーダーには強い権威が必要だ」

権限は譲っても権威は保たなければならない

本質的に評価せず、口だけで褒めたところで、部下は育ちません
江口克彦氏の『経営秘伝――ある経営者から聞いた言葉』。松下幸之助の語り口そのままに軽妙な大阪弁で経営の奥義について語った著書で、1992年の刊行後、20万部を売り上げるヒットになった。本連載は、この『経営秘伝』に加筆をしたもの。「経営の神様」が問わず語りに語るキーワードは、多くのビジネスパーソンにとって参考になるに違いない。

みんなの力を集めないと、大きな仕事はできない

この連載の一覧はこちら

仕事はなあ、自分一人でやろうと思っても、あかんよ。ほどほどの仕事はできるけどな、大きな仕事はできんわ。みんなの力を集めんとな。だから、仕事を部下にまかすことが大事やな。

しかし部下に仕事をまかせるといっても、その仕事を知ったうえでまかせんといかんよ。まかせると、部下はやる気を出して仕事をする。当たり前のことやね。人間はだれでも自分が信頼されていると思うときに喜びを感じ、情熱を傾け、やる気を出すもんや。権限の委譲というのか。それによって部下は成長するな。

わしは昔から体が弱かったからな、自分では出来へんかったから、自然に部下の人に仕事をまかせて、やってもらうようになったんやけど、まあ、それがよかったんやな。

けど、そこでなぜ責任者というかというと、一つはな、自分のチームの仕事をやりあげるという、そういう意味で責任者であるということやな。しかし、仕事をやりあげるというだけの責任であれば、きのう入ってきた新入社員でも、自分の仕事をやりあげなければならんという意味で責任者といえる。けど、そういう新入社員は責任者とは言わんな。責任者というのは、次に、新しい仕事を創り出す、という責任があるんや。それが責任者という2つ目の理由やな。

次ページ人材を育成するという責任
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。