職場の「イタい人」は論理思考が破綻している

問題は「コミュ力」以前にあった!

「イタい人」にならないためには?(写真:Graphs / PIXTA)
職場で「イタい」と評される人は、一般的に「空気が読めない」とされている。しかし、実はそれ以前に、「論理思考」が苦手なケースも多いという。
論理思考なら、ちょっとした「基本」を身につければ劇的に改善することも少なくない。こうした「基本」は長い年月をかけて有効性が確認されてきたものであり、知っているのと知らないのとでは、仕事の習得や実践に天と地ほどの差が出るという。
ビジネススクールで学ぶ必修基礎&フレームワークが「1フレーズ」ですっきりわかる、をコンセプトにまとめた『MBA100の基本』をこのたび上梓した著者が、職場でバリューを提供するための基本を解説する。

 

『MBA100の基本』は発売3カ月で5万部を超えるベストセラーになっている(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

この春から社会人になられた方、あるいは新天地に異動、転職された方も多いでしょう。今回は、新しい職場で「イタい人」とならないためのコツを論理思考の観点から考えてみます。

「イタい人」といっても人によって定義は違うと思いますが、よくそのように認定されがちな人の特徴として、以下のようなものがあります。

・場の空気を読めず、あさっての発言をしてしまう
・自己主張がやたらと強い
・他人の言うことを聞かない

これらは結局「コミュニケーション能力」の問題で、さまざまな原因に起因するため、一朝一夕に解決できない部分もあります。しかし一方で、努力で何とかなる部分も少なくありません。ここでは後者の「努力で何とかなる部分」をご紹介します。

場の空気をメタ思考で読み、イシューを押さえよ

まずは、「場の空気を読めず、あさっての発言をしてしまう」への対策です。

論理思考にはさまざまな要素がありますが、広義には、メタ思考と呼ばれる、高次の視点から物事を俯瞰(ふかん)する思考を含みます。メタ思考で最も意識すべき対象は自分です。まずは自分がその場でどのように見られているかを、客観的に自分自身を見ることで把握しましょう。

次ページ客観的に自分自身を見るには?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT