働き方改革?国が口出しするのは不自然だ

経営者が自らやれることはいくらでもある

正規社員、非正規社員の問題は、経営者の考え1つでどうにでもなる(写真:saki / PIXTA)

社員が満足する職場環境づくりとは?

この連載の一覧はこちら

経営者は、大きなことから小さなことまで、さまざまなことを考えなければなりません。取り組むべき大きなテーマの1つに、社員に安心して仕事に取り組んでもらえるような環境、職場、会社づくりがあります。

会社は、世のため人のためにあるといっても、やはりその根底である社員が満足し、納得する社内制度、職場環境をつくり上げていくことが必要です。そのために、どのような制度があるか。

いま、政府は「働き方改革実現会議」を設けて議論していますが、そもそも働き方を国が決めるのは、いかがなものかとも思います。そのようなことは、それぞれの経営者が率先して考えていくべきです。

派遣社員、アルバイト、パートタイマーなどの非正規社員が増えている点が問題になっていますが、解決策は経営者が決めるべきことです。非正規社員でよく仕事をしている人がいるならば、その人を正規社員にする規定を作ればいい。むしろ、どれほどの実力があるのか、どれほどの仕事ができるかわからない定期採用の正社員より、よほど信頼性、確実性が高いと思います。こうした採用は、私がPHP研究所の社長をやっていた頃は、大いに実施していました。

もちろん非正規社員の人の中には、正社員にはなりたくない、一定期間だけ働きたいという人もいますから、本人の意思を確認すること、あるいは派遣会社との調整が必須ですが、数多くのアルバイトの人、派遣の人が正社員になりました。また、正規の一般社員も、彼らと日常的に差別も区別もせず交流してくれていましたから、ほとんど問題は起こりませんでした。正規社員、非正規社員の問題は、経営者の考え1つでどうにでもなる。これは政府の責任ではなく、経営者のモラルの問題、人間観、人間性の問題だと思います。

次ページ「誕生日休暇」の導入だって…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
  • あの日のジョブズは
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。