制服の次に来た「体操着ディズニー」の真相

高校生の奇抜ファッションに込められた意味

やっている人も楽しく、見ている人も嫌味を感じない。若者にとって生活がSNSに囚われていることには未だ変わりないが、今や可愛さだけがすべてではない。今後も高校生がユーモアと学生らしさのあふれる体操着を着てディズニーを楽しむ姿を度々目にするだろう。 

原田の総評:「集団で目立つのはよい」という若者心理

現場研究員のレポート、高校生たちによる体操着ディズニーはいかがでしたでしょうか?

過去の若者たちは、個性を追い求め、周りと被ることを嫌う傾向が強かったように思いますが、今の若者たちは「双子コーデ」や「ニコイチ」「サンコイチ」「おそろいコーデ」などという言葉が示すとおり、テーマパークやハロウィンなどのシーンやシチュエーションによっては、「被る」ことを望むようになってきています。

一人で過剰に目立つのは嫌。SNSで拡散されたり、バッシングされてしまうかもしれない。しかし、集団で目立つのは良い、という心理が働いているのかもしれません。

今後も体操着を超えるおそろいコーデがたくさん出てくることになると思います。たとえば、数年前のハロウィンでは、カップラーメンのコスプレなどが流行ったこともありましたが、企業としては、この若者たちのテーマパーク(USJやピューロランドなども)における「おそろいコーデ願望」をうまく利用すれば、自然に彼らが自社や自社製品などの広告媒体になってくれるかもしれません。ぜひ、この若者たちの動向にご注目下さい。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。