制服の次に来た「体操着ディズニー」の真相

高校生の奇抜ファッションに込められた意味

すっかり浸透した「制服ディズニー」。その最新事情とは?(写真:研究員提供)

「制服ディズニー」という言葉を知っていますか?

制服ディズニーとは、中学生や高校生ではない、大学生や社会人が、過去の制服を引っ張り出してきて着て、集団でディズニーランドに行く現象のことです。今から5年前の2012年、筆者が所属する若者研究所ではいち早くこの「制服ディズニー」についてレポートしました。

今では制服ディズニーは完全に若者の間で定着していますが、あれから数年経ち、若者たちがディズニーランドに、サークルなどの集団で「おそろいコーデ」として行く格好のバリエーションも大変増えました。

たとえば、オタクコスプレ、ジャージ、スーツ、ダッフィーの格好、シェリーメイの格好、オールホワイトコーデ、オールブルーコーデ等々……。こうした数々のバリエーションの中でも、最新事例と言えるのが「体操着ディズニー」。この新しい高校生のトレンドを現場研究員の若者たちがレポートしてくれます。

体育の時間だけに着るものではなくなっている

今回レポートしてくれる若者研究所の現場研究員たち。写真左より、船田千紗(慶應義塾大学1年)、佐藤美梨(慶應義塾大学)、藤内優音(慶應義塾大学1年)

体操着と聞くと、どのようなイメージを持つだろうか? 最近、高校生の間では、体育の時間だけに着るものではなくなっているのである。

Instagramで「#体操着」と検索すると、6267件(2017年6月21日時点)も投稿されている。ただ体操着を着ているだけではInstagramに投稿するほどの話題性もないのに、なぜ高校生たちは今「#体操着」の写真を投稿しているのだろうか? 今回は高校生の体操着事情に迫ってみた。

まず初めにインタビューしたのは、神奈川県私立高校3年生のAくん。クラブチームでサッカーに励む一方で、塾にも通いつめていた文武両道ボーイ。顔が広く、誰とでもすぐに打ち解けられる、明るい性格の持ち主だ。

そんなA君は3月中旬、高校最後の思い出作りに、同じサッカー部で、1年生の頃同じクラスの「いつメン」(=いつものメンバー)だった3人と体操着を着てディズニーシーに行った。

次ページなぜ体操着でディズニーに行ったのか
関連記事
トピックボードAD
  • 銀河を渡るを読む
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 中原圭介の未来予想図
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。