「独身の9割が結婚したい」説の根本的な誤解

この30年で「一生結婚しない予定」の人は増加

未婚率の増加とは、「結婚したいのにできない人が増えている」ということなのでしょうか(写真:ふじよ / PIXTA)

「それでも、9割の男女が結婚したいと言っている」

この連載の一覧はこちら

生涯未婚率の上昇や少子化の話題になったとき、必ずと言っていいほどよく持ちだされるのが、5年に1回実施される国立社会保障・人口問題研究所「出生動向調査」の調査結果です。

これを見ると、直近の2015年の結果でも確かに、未婚男性の85.7%、未婚女性の89.3%が「いずれ結婚するつもり」と回答しています(対象は18〜34歳未婚者)。

80年代と比べると、「いずれ結婚」は男女とも減少

ただ、注目すべきはむしろ経年推移です。世の中がまだ皆婚時代だった1982年から2015年までの長期で見てみると、男女ともかつては95%が「いずれ結婚するつもり」と回答していたものが、30年と少しで男性は10%、女性も5%、減少しているのです。

次ページ「いずれ結婚するつもり」の人が結婚したいとは限らない
関連記事
トピックボードAD
  • 30歳とお金のリアル
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
シャープ製パネルで相次ぐ<br>火災事故の深層

19件中10件がシャープ製。消費者庁のデータに登録されている、太陽電池パネルに関連した火災事故の数だ。「原因が特定できない」とし、製品リコールに否定的なシャープ。対策が急務。