話題の「ケトン食でがんが消える」は本当か

最新知識を第一人者が解説

いま話題の「ケトン食のがん治療効果」について、糖質制限食の第一人者である江部康二・高雄病院理事長が解説します(撮影:今井 康一)
最近、ダイエット本や健康書などで「ケトン体」や「ケトジェニックダイエット」といったタイトルが目立つようになってきた。糖質制限を徹底した「ケトン食」が、ダイエット・健康に顕著な効果があるとするものだ。なかには、このケトン食は「がん」の治療効果もあるとする医師の著書も出されている。
では、この「ケトン食」とはそもそもどういうものなのか。がん治療効果は本当に期待できるのか。『江部康二の糖質制限革命』を上梓した江部康二医師に、最新知識を語ってもらった。

サッカー長友で注目、「ケトン食」とは何か?

『江部康二の糖質制限革命』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

最近、話題になっているケトン食について説明しましょう。

サッカー日本代表の長友佑都選手が注目するようになってから、ケトン食が世の中に広く知られるようになりました。

そもそもケトン食というのは、小児のてんかんの治療食として始まったものです。その内容は、成分の重さの比率で、脂肪とそのほかの食材を3対1にします。

これはエネルギーの比率でいうと、脂肪が87%という、極端に脂肪の多い食事となります。糖質制限食の場合、脂質は50~60%ですから、これをさらに徹底した食事といえるでしょう。これを実行すると体内の「ケトン体」が非常に増えます。

これが最近、注目されるようになった理由の一つは、小児てんかん以外にも効果があるという研究が増えてきたからです。特に、ケトン食のがんへの効果について研究が進みつつあるのです。

このケトン食を難治性てんかんの治療として実行していたある子供に偶然、腫瘍(しゅよう)が発見されたのですが、ケトン食を継続するうちに腫瘍が小さくなったという事例があり、ケトン食にはがん治療効果があるという仮説が出されました。

次ページ「ケトン体」ががんを消す?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT