話題の「ケトン食でがんが消える」は本当か

最新知識を第一人者が解説

そして、脂質を分解してできるケトン体という小さな粒は、人の細胞が日常的にエネルギー源として使っている、ごくありふれた物質であり、かつ、非常に大切なものなのです。

ケトン体こそが人のメインエネルギーである

ところが、いまだ日本においては残念ながら、このケトン体について医者でさえメインのエネルギー源だと知っている人は非常に少なく、単に「糖尿病ケトアシドーシス」という病気の原因物質にすぎないと勘違いしている人も珍しくないのです。

そのため、きちんと病状も確かめずに、血液中のケトン体の値が少し高くなると、すぐに「危険だ」と思い込む医者もいます。

しかし、ケトン体は人の身体にごく一般的に存在していて、たとえ濃度が高くなってもインスリン作用がある程度確保されていればアシドーシスなど起こさず、健康には何ら問題がないのです。

たとえば、最近になって、胎児や新生児の身体のなかでは、ケトン体は非常に高濃度であることが普通だとわかってきました。

2014年に発表された宗田哲男医師の研究によれば、胎児に栄養を供給している胎盤では、ケトン体の一つである物質(βヒドロキシ酪酸)の濃度を平均すると、現在の成人基準値の20~30倍も高かったのです。

また、新生児の場合でも、成人基準値の3倍というかなりの高い濃度でした。

つまり、赤ちゃんたちは、ケトン体で育っていることがわかったのです。

宗田先生のこの研究は2016年9月に英文論文として医学雑誌に掲載されましたが、私も共著者の一人です。

ケトン体は人体のメインのエネルギー源であり、自然で安全な物質であることを、ぜひ、理解していただきたいと思います。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。