インターン選考「惜しくも落ちる学生」3特徴

「わずかな違い」が結果を大きく左右する

こうした取り組みは、その気になれば誰にでもできます。ちなみに私は、これまでに数百人の新しいエピソードづくりを支援してきましたが、皆さん「自分に自信をもてるようになった」と言っています。実際、就活のさまざまな場面で役に立ったようです。

こうした取り組みに、「就活のネタづくりのためにやっているだけ」という批判があることは重々承知しています。ですが、私の答えは「就活のネタづくりで、何が悪いのか」です。

いい加減な活動で大して成果も上がらなければ、「ネタ」にすらなりません。「就活のネタづくり」には努力と成果が求められます。その結果、周囲によい影響をもたらし、自らも成長できるのですから、誰に恥じる必要もありません。ぜひ、堂々と活動していただきたいと思います。

話す力は「習うより、慣れろ」

●対策3:表現力が乏しいことに対する対策

3つ目、対面での表現力を高めるためには、何と言っても「対面で会話する機会」を意識的につくりだすことです。「習うより慣れよ」です。そのため、まずは普段の生活の中で、できれば社会人と1対1で話す機会を自ら作り出すようにしてください。

もうひとつ、私がおすすめしているのが「自分の普段の話し声を録音してみること」です。自分では普通に話しているつもりでも、声が小さく、なんとなく弱々しいという人は少なくありません。いまはスマートフォンで簡単に録音できるようになりましたので、ぜひ自分の耳で確認するといいでしょう。

そのうえでもっと「印象」をよくしたい方は、「腹式呼吸でお腹から声を出すトレーニング」を継続してみてください。私がコーチしている学生さんたちも、2カ月も継続するとグループディスカッションや集団面接の練習の場で、周りの友人から「変わったね」「元気になったね」と言われるようになりました。

表現力は、「印象」を含めて個性ではなく「スキル」です。そのため、継続的に努力することにより「印象」ですら格段によくすることができます。このことを、ぜひ肝に銘じておいてください。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 女性の美学
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人生100年時代の稼ぐ力<br>副業・資格で定年後も長く働こう

人員削減や年金不足問題など、将来収入への不安は募るばかり。会社に依存するのではなく、副業や資格を持つことで長く働くすべを身に付けよう。需要がグンと高まる資格、60代からでも食える仕事など、実践的な情報を満載。