行かないとあとで後悔するインターンシップ

「採用に直結しない」はどこまで信じられるか

まずは思い切ってインターンシップに参加してみよう(写真:EKAKI / PIXTA)

就職活動が終わった学生からよく聞くのが、「インターンシップに行っておけばよかった」という声。「就職白書」(就職みらい研究所)によると、インターンシップ参加学生は23.9%(2014年卒)から43.7%(2017年卒)と、この3年で20ポイントも伸びています。

これだけ一般化しているインターンシップですが、参加の意義がわからない、そもそもインターンシップが何かわからない、とモヤモヤしている学生も少なくないようです。

インターンシップに参加する意味とは?

就職活動を終えた学生に「インターンシップに参加してよかったこと」を尋ねると、上位に以下のような内容が並びます。

1位:仕事内容を具体的に知ることができた(65.4%)

2位:業種について具体的に知ることができた(64.9%)

3位:企業・職場の雰囲気を知ることができた(34.6%)

4位:企業の事業内容を具体的に知ることができた(32.2%)

5位:自分のスキルを見極めることができた(21.5%)

また実際に参加した学生の声として、

「“ガツガツしている”という営業職のイメージが、参加してからは“要望をじっくり聞いて提案する仕事”に変わった(文系・女子学生)」

「なんとなく興味があった6つの業界で1社ずつ参加。そうやって志望業界を絞った(文系・女子学生)」

「参加したことで興味がないことがわかり、ほかにやりたい仕事があることが明確になった(理系・男子学生)」などがありました。このように、インターンシップには向き不向きが自覚できる、というメリットもあるようです。

次ページ期間は1日から1週間以上までさまざま
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT