インターン選考「惜しくも落ちる学生」3特徴

「わずかな違い」が結果を大きく左右する

まずは、どんな人がインターン選考に落ちるのかを、3つの観点から解説しましょう。

「求める人物像」は会社によって異なる

●特徴1:求める人物像に合致しない

インターンシップを開催するにあたり、人事はこんな人に来てほしいという「求める人物像」に基づいて選考での合否を決定しています。

人物像は「スペック」「タイプ」に分かれます。スペックとは、仕事をするうえで求められる基礎的な能力やスキルです。タイプとは、意欲や情緒、志向、行動の特徴です。企業はこの両面から合否の判定をしています。

ところで、企業は1社として同じではありません。「歴史」「企業理念」「事業内容」「業界でのポジション」「仕事内容」「社風」「今後のビジョンや戦略」など、企業はすべて異なっています。そのため、個別企業で求められている「スペック」や「タイプ」もまた、企業によって異なります

たとえば業界をリードする企業、長年中堅企業として安定的に事業を継続してきた企業、創業間もないベンチャー企業では、それぞれ求められるスペックが異なるというのは、容易に想像できるのではないでしょうか。

また、経営者や人事の考え方によっても、求めるタイプが違っています。協調性を大切にする社風の会社がある一方で、競争や成長を志向する会社があります。当然、両社では求めるタイプが違っているのです。

そのため、インターン選考では、そうした人物像(求められるスペックやタイプ)に合致しない人が落ちることになります。

●特徴2:有効なエピソードを持たない

ほとんどの企業のインターン選考では、「学生時代に力を注いだこと」を聞かれます。そのため「学生時代に力を注いだエピソード」に欠ける人が選考に落ちていきます。

それでは、どんなエピソードが必要になるのでしょうか。さまざまな要因がありますが、あえて一言で言うと「困難な目標に取り組んだエピソード」です。

どんな企業も、存続・発展するために、高く困難な目標に取り組んでいます。当然、その一員として迎える学生にも、入社後にはそうした目標にチャレンジすることが求められます。人は、企業に入社した途端に大きく変われるものではありませんから、学生時代に目標を持たず日々をなんとなく過ごしてきた人に、人事担当者が魅力を感じることはありません。

実際に私がアドバイスをしている学生に聞いても、人気企業の1次、2次面接では「学生時代にいちばん力を入れたこと」を深く突っ込んで聞かれています。具体的には、「なぜそれに力を入れたのか」「どんな状況だったのか」「そこで掲げた目標や解決しようとした課題は何か」「実際にどんな人を巻き込んで、何をしたのか」「やったことは、ほかにはなかったのか」「実際にどんな困難があったのか」「それをどんなふうに乗り越えたのか」「結果として成し遂げたことは何か」「それは、どんな成果があったのか」「その中で学んだことは何か」などです。

次ページ学生が企業を見るように、企業も学生を見ている
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT