インターン選考「惜しくも落ちる学生」3特徴

「わずかな違い」が結果を大きく左右する

まずは、どんな人がインターン選考に落ちるのかを、3つの観点から解説しましょう。

「求める人物像」は会社によって異なる

●特徴1:求める人物像に合致しない

インターンシップを開催するにあたり、人事はこんな人に来てほしいという「求める人物像」に基づいて選考での合否を決定しています。

人物像は「スペック」「タイプ」に分かれます。スペックとは、仕事をするうえで求められる基礎的な能力やスキルです。タイプとは、意欲や情緒、志向、行動の特徴です。企業はこの両面から合否の判定をしています。

ところで、企業は1社として同じではありません。「歴史」「企業理念」「事業内容」「業界でのポジション」「仕事内容」「社風」「今後のビジョンや戦略」など、企業はすべて異なっています。そのため、個別企業で求められている「スペック」や「タイプ」もまた、企業によって異なります

たとえば業界をリードする企業、長年中堅企業として安定的に事業を継続してきた企業、創業間もないベンチャー企業では、それぞれ求められるスペックが異なるというのは、容易に想像できるのではないでしょうか。

また、経営者や人事の考え方によっても、求めるタイプが違っています。協調性を大切にする社風の会社がある一方で、競争や成長を志向する会社があります。当然、両社では求めるタイプが違っているのです。

そのため、インターン選考では、そうした人物像(求められるスペックやタイプ)に合致しない人が落ちることになります。

●特徴2:有効なエピソードを持たない

ほとんどの企業のインターン選考では、「学生時代に力を注いだこと」を聞かれます。そのため「学生時代に力を注いだエピソード」に欠ける人が選考に落ちていきます。

それでは、どんなエピソードが必要になるのでしょうか。さまざまな要因がありますが、あえて一言で言うと「困難な目標に取り組んだエピソード」です。

どんな企業も、存続・発展するために、高く困難な目標に取り組んでいます。当然、その一員として迎える学生にも、入社後にはそうした目標にチャレンジすることが求められます。人は、企業に入社した途端に大きく変われるものではありませんから、学生時代に目標を持たず日々をなんとなく過ごしてきた人に、人事担当者が魅力を感じることはありません。

実際に私がアドバイスをしている学生に聞いても、人気企業の1次、2次面接では「学生時代にいちばん力を入れたこと」を深く突っ込んで聞かれています。具体的には、「なぜそれに力を入れたのか」「どんな状況だったのか」「そこで掲げた目標や解決しようとした課題は何か」「実際にどんな人を巻き込んで、何をしたのか」「やったことは、ほかにはなかったのか」「実際にどんな困難があったのか」「それをどんなふうに乗り越えたのか」「結果として成し遂げたことは何か」「それは、どんな成果があったのか」「その中で学んだことは何か」などです。

次ページ学生が企業を見るように、企業も学生を見ている
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。