永遠に文章が下手な人と、上達する人の「差」

プロたちがやっているテクニックを教えます

例)当社が、A国に進出すべきかどうかというテーマで文章をまとめる場合。

素材グループ1
「わが社はA国の市場から撤退すべきである」と考えられる現地ヒアリング素材

さらに ←接続詞

素材グループ2
「わが社はA国の市場から撤退すべきである」を証明する競合データの素材

もちろん ←接続詞

素材グループ3
「A国から撤退したときには、このようなデメリットがある」を示す素材

しかし ←接続詞

素材グループ4
「そのデメリットは最小限で抑えられるであろう」を示す素材

しかも ←接続詞

素材グループ5
「A国を撤退したときのリソースをB国に回したときのメリット」を示す素材

というわけで ←接続詞

「A国からは撤退すべきだと提案します」(結論)

多くのプロが採用する手法

多くの方にエピソードを聞く手法でまとめた佐藤友美さんの近著『道を継ぐ』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

KJ法で素材を分類すると、文章が苦手な人がやりがちな「同じようなことを何回も繰り返し書いて文章が長くなってしまう」ことがなくなります。

また、グループ分けした素材を「接続詞」でつなぐと、どの順番で素材を並べると効果的かが一目瞭然になります。それだけではなく、論理破綻がある場合は、接続詞が不自然になるので、すぐ気づきます。

この方法は、提案書でも、パワーポイントなどで作るプレゼン資料にも使えるテクニックです。プレゼンの場合は、パワポの一枚一枚が、素材A、素材Bだと思ってください。もちろん、長い文章や論文を書く際にも、この手法が有効です。書籍1冊(8万〜10万字)でもこのやり方は使えます。

準備もなにもなく、いきなり書き始めるのに比べて、「①KJ法で分類→②接続詞でつなぐ」は一見、時間がかかって面倒のように思われるかもしれません。

でも、この作業をしておくだけで、ぐっと「わかりやすい」文章が書けるようになります。筆者だけではなく、多くのプロのライターさんが採用している手法です。ぜひ、参考にしてみてください。

次回からも「書く」ことがラクになる、ちょっとしたコツについてお話しいたします。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。