意外と知らないライターという仕事の「裏側」

仕事の中身と収入はこうなっている

フリーライターという職業への理解度は、世間的にあまり高くない?(写真:MF_ichi / PIXTA)

「じゃあ何、君はパパラッチしてるの?」

あるとき初対面の方に、筆者がライターだと名乗ったら言われた言葉です。ほかにも「コピーライター?」「小説家ってこと?」などと聞かれたこともあります。フリーライターという職業への理解度は、世間的にあまり高くないのかもしれません。

フリーライターとは、取材などを通じて情報収集し、それを基に文章を書いて、原稿料や印税をもらう職業のことです(違うケースの方もいるかもしれませんが、大部分はこのはずです)。

最近は会社員の傍ら、得意分野や趣味を生かし、本を出版したり、連載を持ったりする方もたくさんいます。副業としてバイト感覚でライターをしている方もいます。しかし、その実情はあまり表で語られることはありません。

そこで今回の記事では、意外と知られていない「ライターの裏側」についてご紹介したいと思います。具体的には、よく聞かれる3つの質問「どんな仕事をしているの?」「どのくらい稼げるの?」「どうすればなれるの?」について詳しく書いていきます。

ライターの仕事の実例

雑誌や新聞や本、フリーペーパーやカタログ、説明書などの紙媒体から、ネットニュースやWebサイトのコンテンツ、メルマガやブログ、SNSなどのネット媒体まで、世の中のあらゆるところには文章があります。そして、文章のあるところには、大抵ライターが存在します。

ただ一口にライターと言っても、その立ち位置はさまざまです。自らが“主役”となって、キャラクターや個性を前面に出し、積極的に意見も発信するライター。存在感を出しつつも、あくまで自分は“脇役”というスタンスで主題に向き合うライター。自分をいっさい出さず、“黒子”として求められた文章を書くライター、といったふうに。

次ページ圧倒的に多いのは…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT