炎上DeNA、粗悪メディアにとどまらない危機

各社との提携戦略に歪みが生じる可能性も

ほとんどのメディアで無断転用があった。ネット企業としてこの事実は重い(撮影:今井康一)

「(他サイトから文言転用を推奨していた点について)私自身、モラルに反していないという考えを持つことができませんでした」。

12月1日、ディー・エヌ・エー(DeNA)は、自社で運営する9つのメディアにおいて内容が正確でない記事や無断転用があったことから、全記事を非公開化したと発表。守安功社長は事態を謝罪し、上記のように非公開化の理由ついても説明した。自身の報酬の30%を6カ月減額することも発表している。

DeNAにとってキュレーション事業は、社内でも期待度の高い事業だった。それがなぜ大きくつまずいてしまったのだろうか。

社内でも期待の新事業だった…

非公開化したのは「キュレーションメディア」と呼ばれるジャンルのもの。ネット上のコンテンツをテーマごとにまとめ、配信するメディアのことだ。記事を執筆するのは「キュレーター」と呼ばれるライターで、会員登録さえ行えば自由にまとめ記事を作成できる。

キュレーション事業に期待がかかっていた裏には、既存事業の落ち込みがある。モバイル向けゲームプラットフォーム「モバゲー」で急成長を遂げた同社だが、スマホ時代になり、ゲームメーカーがアップルやグーグルを通じて配信するようになると、モバゲー事業は右肩下がりに縮小。ゲームプラットフォーム事業の営業利益は2013年3月期の768億円から、2016年3月期には200億円を割るまでに落ち込んだ。

これを補うべく推進したのが新事業による多角化だ。遺伝子検査サービスやカーシェアリングサービス、自動運転などの分野へ次々に進出していった。キュレーション事業もそうした新規事業の一つだ。2014年に家具・インテリア関連サイト「iemo」を運営するiemoと女性向けファッションサイト「MERY」を運営するペロリの2社を計50億円で買収したことを機に参入。翌年には旅行サイト「Find Travel」も買収している。

次ページ専門家が監修していなかった
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT