グリー、「長すぎる低迷期」から脱出できるか

カギを握るのはヒット連発と「スマホの次」

ヒット作となった「ソードアート・オンライン -メモリー・デフラグ-」©2016 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/SAO MOVIE Project ©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

スマホへのシフトに出遅れ、長い低迷期を過ごしてきたグリー。勝負の年となる今2017年6月期(2016年7月~2016年6月)は、早々に業績予想を上方修正するまずまずの出足となった。

上方修正の対象期間は第1四半期(2016年7月~9月)の3カ月間。135億円だった売上高予想を149億円に、10億円だった営業利益予想を24億円へ引き上げた。主因は、スマホ向け新規ゲームタイトルの好調だ。特に、バンダイナムコエンターテインメントが8月29日に配信し、グリーも開発に携わっている「ソードアート・オンライン ーメモリー・デフラグー」が貢献した。

業績のピークは4年前

グリーはかつてガラケー向けのソーシャルゲームで躍進を遂げ、2012年6月期には売上高1582億円、営業利益827億円をたたき出した。が、スマホの普及に伴い、ゲームメーカーは米アップルや米グーグルが提供するアプリストアからゲームを配信するネイティブゲームに移行していった。

ゲームメーカーが自社のプラットフォームを介さなくなり、グリー自身のスマホ向けゲーム開発も出遅れたことで収益は急降下。2013年10~12月期から直近の2016年4~6月期まで14四半期連続となる減収を記録した。通期ベースの2016年6月期の営業利益は142億円と、ピークだった2012年6月期の827億円から5分の1以下の水準にまで縮小した。

もちろん、この状況にただ手をこまねいていたわけではない。同社は2014年から「ネイティブシフト」を掲げ、開発人員をネイティブゲーム開発に大幅に移行させた。だが、その後も業績縮小は止まらず、海外拠点の閉鎖、サーバー費用や広告宣伝費の削減を余儀なくされた。

次ページブシロードと提携した理由
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT