「退屈な文章」があなたの価値を台無しにする

大量に送るメールこそ、型通りではいけない

今回は、「ちょっとだけ差がつく」文章についてお伝えします(写真:マハロ / PIXTA)
文章を書くことに苦手意識を持つ人は多いものです。しかし、ビジネスでもプライベートでも、文字コミュニケーションが必要なシーンは、ますます増える一方。もし書ける力があれば、強い武器になります。
ではどうすればいいか? 「ビジネスで必要な文章を“速くわかりやすく書く”のに、文才は必要ありません」と言うのは、書籍ライターとして、業界でも最多に近い年間10冊以上の書籍ライティングを手がける佐藤友美さん。発売即重版したビジネスノンフィクション『道を継ぐ』をはじめ、あらゆるジャンルの人の言葉をわかりやすくまとめてきたライターだけが知っている、ちょっとしたテクニックを紹介してもらいます。

ちょっと差がつくビジネス文書

この連載の一覧はこちら

取引先へのメールや会議に出席したときの報告書。なかなか差をつけにくい仕事上の文書ですが、「この人のメール、いつも楽しみ」とか、「この人の報告書、なんだかセンスがいいな」と思わせる文章はありませんか?

いったいどこに秘密があるのか。仕事柄、「記憶に残る文章」を長年研究し続けている筆者の経験から、今回はそんな「ちょっとだけ差がつく」文章についてお伝えしたいと思います。

ポイントは3つ

・あなたにしか言えない情報で価値をあげる
・その場にいた人しかわからない情報で価値をあげる
・“犯人”しか知らない情報で価値をあげる

を意識することです。

次ページたった一言「自分しか知らない事実」を添える
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。