「お1人様」主義者はどこまで1人でOKなのか

男女差が顕著!「1人○○」ランキング大発表

「絶叫マシン・オタクなので、とにかく全国津々浦々の絶叫マシンを制覇していますよ(40代・男性)」という彼にとっては、遊園地とは自身の達成感のために行く場所であり、ひとりで行くかどうかは問題ではないのです。

それでも周りから好奇な目で見られたりするのは気にならないのでしょうか?「それは自意識過剰ですよ。他人なんて思ったほど自分のことなんか見ちゃいません。もちろん自分自身も寂しくないし、むしろ効率的に回れて気分がいいです」とのこと。

ソロ男とソロ女を比較してみると、男女差がみてとれます。遊園地や花火大会、祭り・縁日、さらには音楽フェスなどいわゆるレジャー系については、いずれもソロ女のほうがひとりで行く割合が高くなっています。

逆に、ソロ男が高いのは、海水浴、スキー場などのスポーツ系と、焼き肉、回転ずし、ラーメン屋、牛丼屋、立ち食いソバ屋など日常の外食関連に集中しています。面白いのは、「行列のできる話題の店」にひとりで行けるのはソロ男のほうが多いことです。食に対するソロ男の貪欲さがわかります。以前、「外食費は1家族以上!独身男は『よき消費者』だ」という記事において、ソロ男の外食費が突出して高いと紹介しましたが、まさにこうした「ひとり外食」を多用しているからでしょう。

ソロ男は「ひとり飯」を好み、ソロ女は「ひとりレジャー」を好むというところでしょうか。

さすがにひとりバーベキューは寂しい!?

ところで、そうした「ひとり○○」が好きなソロモンたちにとってもさすがにハードルが高いのが「ひとりバーベキュー」で、さすがに男女とも最下位でした。ひとり飯を好むソロ男でさえたったの6%しかいません。今では「ひとりバーベキュー」用の商品開発もされており、話題にはなっています。とはいえ、「ひとりバーベキュー」が今後ブームになるとは思えません。バーベキューはワイワイやったほうが楽しい、とソロ男の私でも思います。

いずれにせよ、以前は群対応ばかりだった店やサービスが、こうした「ひとり○○」への個の対応拡充が進んでいることは決して悪いことではないと思います。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 財新
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。