「お1人様」主義者はどこまで1人でOKなのか

男女差が顕著!「1人○○」ランキング大発表

こうしたソロ向けのサービス拡充の動きは、確実に需要があるからであり、今後ますますソロモン向け市場は拡大すると見込まれています。今では、単独での消費行動やレジャー行動を「ソロ活」と呼び、そうしたひとりでの楽しみ方を満喫する状態を「ソロ充」と表現し、かつての自虐的な意味合いはなくなりつつあります。

それでは、そうしたソロモンたちは、いったい、どこまで「ひとり○○」ができるのでしょうか。「限界ひとり○○」を調べてみました。

まず、ソロモンたちと既婚男女とを比較してみました。当然、ほぼすべての項目においてソロモンたちは既婚男女を上回ります。ファミレス、ファストフード、カフェなどは8割以上で、かつてはデートの王道パターンでもあった映画館での映画観賞でさえ、76.6%が問題なくひとりで行けます(既婚者は58.1%)。

そして既婚者との差分が最も大きいのが、国内および海外旅行です。海外の一人旅は53.2%と過半数を超え、既婚者の23.0%のほぼ倍です。国内旅行に至っては、75.4%にも達し、既婚者の40.7%と比べて大きく差があります。

そこで、ソロモンたちの「ひとり○○」事情を、もう少し細かく見てみましょう。

次ページどこまでできる?「ひとり○○」ランキング大発表
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 今日も香港から
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。