「お1人様」主義者はどこまで1人でOKなのか

男女差が顕著!「1人○○」ランキング大発表

こうしたソロ向けのサービス拡充の動きは、確実に需要があるからであり、今後ますますソロモン向け市場は拡大すると見込まれています。今では、単独での消費行動やレジャー行動を「ソロ活」と呼び、そうしたひとりでの楽しみ方を満喫する状態を「ソロ充」と表現し、かつての自虐的な意味合いはなくなりつつあります。

それでは、そうしたソロモンたちは、いったい、どこまで「ひとり○○」ができるのでしょうか。「限界ひとり○○」を調べてみました。

まず、ソロモンたちと既婚男女とを比較してみました。当然、ほぼすべての項目においてソロモンたちは既婚男女を上回ります。ファミレス、ファストフード、カフェなどは8割以上で、かつてはデートの王道パターンでもあった映画館での映画観賞でさえ、76.6%が問題なくひとりで行けます(既婚者は58.1%)。

そして既婚者との差分が最も大きいのが、国内および海外旅行です。海外の一人旅は53.2%と過半数を超え、既婚者の23.0%のほぼ倍です。国内旅行に至っては、75.4%にも達し、既婚者の40.7%と比べて大きく差があります。

そこで、ソロモンたちの「ひとり○○」事情を、もう少し細かく見てみましょう。

次ページどこまでできる?「ひとり○○」ランキング大発表
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT