青森で16倍!北日本で密かに進む未婚化の怪

都道府県別「未婚率上昇率」ランキング大発表

単年での生涯未婚率ばかりが取りざたされますが、その伸び率を1980年比で都道府県別に見てみると、雪国の未婚化が大きく進んでいたことがわかりました(写真: MAKOTO / PIXTA)

国立社会保障・人口問題研究所が4月に発表した調査によると、生涯未婚率(50歳時の未婚率)が高まり、直近の2015年では男性が23.4%、女性が14.1%と過去最高値を更新したことがわかりました。

都道府県別「生涯未婚率」、地域差がはっきり

ただ、全国平均の数字だけを見ていても本質は見えてきません。そこで同時に発表された都道府県別データで見てみると、地域ごとの面白い傾向がわかってきます。

この連載の一覧はこちら

男性で最も高いのは沖縄26.20%ですが、東京も3位で26.06%。女性では東京が1位で、その率はなんと19.20%と、全国平均を大幅に上回っています。東京の女性は、ほぼ5人に1人の女性が生涯未婚と、ほぼ男性並みになっています。

ベスト10にランキングされた都道府県を東日本と西日本とで分けると、男性の場合、東日本8・西日本2、女性の場合は、東日本2・西日本8とまったく逆転しているところが興味深いところです。つまり、「生涯未婚男性」は東日本に多く、「生涯未婚女性」は西日本に集中しているわけです。

新聞などの報道では、福井、富山、石川といった北陸3県や岐阜・滋賀の生涯未婚率が、男女ともにそろって低いというところが注目され、話題となりました。

ちなみに、以前「茨城県が1位!「ニッポン男余り現象」の正体」で取り上げた男余り(未婚女性人口<未婚男性人口の県)ランキングベスト3の茨城、栃木、福島はどうだったでしょうか? 茨城男11位・女41位、栃木男12位・女40位、福島男10位・女34位と、いずれも女性と比べてやはり男性の生涯未婚率順位が高く、男性が結婚しにくい県であると確認されました。

次ページ都道府県別「生涯未婚率ランキング」大発表!!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。