「禅」デスク、顧客サービス廉価請負で攻勢

米ITベンチャーZendeskのCEOに聞く

SNSやネットの普及によって、製品やサービス利用者の声はかつてないほど絶大な影響力を持つようになった。企業にとって、顧客のクレームや意見、ニーズを吸い上げるカスタマーサービスデスクの重要度は増している。

こうした中、注目を浴びているのが、2007年にデンマークで創業したゼンデスク(Zendesk、09年にサンフランシスコに移転)だ。ゼンデスクは、企業の自社サイトやメール、SNS、電話などで寄せられた顧客からの質問や声をクラウド上で一元管理するソフトを開発。それに対応もする顧客サービス請負業務を展開している。

月額20ドルから、という値頃感も受けて、中小企業を中心に利用が広がっており、顧客数は全世界で3万にまで拡大。昨年9月には複数のベンチャーキャピタルから総額6000万ドルを調達するなど、米シリコンバレーでも成長企業の一つと見られている。

日本では昨年5月に日本語サービスを始めたほか、今年3月に現地法人を設立したばかりと、本格展開はこれから。ゼンデスクの強みや日本での事業展開について、共同創業者のミッケル・スヴェーンCEO(写真)に聞いた。

ゼンデスクは「禅」デスク!?

――ゼンデスク(Zendesk)とはユニークな社名です。由来は。

社名の由来はいくつかのバージョンがあって(笑)、まず、皆さんに親近感を持っていただけるような「ヘルプデスク」「サービスデスク」のようなものが念頭にありました。それ以外に、きれいに整った机で、心落ち着いた状態で仕事ができるようになる、という意味も込めて「禅」という言葉を使いました。

――設立5年半で顧客数は約3万ということですが、このサービスにおけるゼンデスクの強みは何でしょうか。

次ページ売り上げは毎年倍々ペース
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT