参議院は良くて無用、悪いと有害?

権力の集中と、その過度の抑制をどう考えるか

なぜ、何のために第二院は存在するのか

著者:砂原庸介(政治学者、大阪市立大学准教授) 撮影:今井康一

「第二院は何の役に立つのか、もしそれが第一院に一致するならば、無用であり、もしそれに反対するならば、有害である」

これはフランス革命の指導者の一人であるシェイエスの言葉であるとされている。

最近、改革論が強く唱えられている日本の参議院を思い浮かべて、納得される方も多いかもしれない。

仮に、国民を代表する第一院の議決が常に正しいとすれば、この言葉は全く妥当と言うほかない。

しかし、第一院の決定に全てを委ねることには危険がある。第一院が、国民から遊離して暴走を始めたとき、その歯止めがなくなってしまうのだ。

近代化の局面のように、国家目標が明確で、先進国をいかに模倣するかが問題であれば、第二院の必要は薄いだろう。では、国家の目標が不明確で、社会における多様性が重視されている現代は、第二院が重要な時代ということになるのだろうか。

まず、どのような場合に第二院がその存在を要請されるか考えよう。

次ページ権力分立の実現という意義
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
  • ドラの視点
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。