参議院は良くて無用、悪いと有害?

権力の集中と、その過度の抑制をどう考えるか

イタリアの選挙制度とその驚きの選挙結果

まず、2013年イタリア総選挙の結果を見ていこう。この表にあるとおり、イタリア下院選挙では、全国をいわばひとつの選挙区とした選挙が行われている。

最も得票が多かったのは中道左派連合で、その得票率は29.55%である。得票率が30%にも満たないのに、議席数は617のうち340を獲得している。これは本文中でも説明したように、第一党に55%の議席を与えるというルールがあるからだ。

次に得票が多かった中道右派連合の得票率は29.18%で、1位との差は1%もない。しかし、議席数は200近く(議席率では約35%)離れるという非常に極端な結果となっている。

第二院である上院の結果は大きく異なっている。表にあるように、各州を選挙区として同じようなルールで議席が配分されているから、例えば49の議席を与えられているロンバルディア州では、1位の中道右派連合が55%の27議席を確保しているし、28議席のラツィオ州では中道左派連合が1位で16議席を獲得している。

上院得票率の全国集計(ここでの全国は、例外的に小選挙区制がとられているトレンティーノ・アルト・アディジェ州とヴァッレ・ダオスタ州を除く)では31.63%と1位になった中道左派連合だが、州別の得票率を見ると1位は全18州のうち小規模な州を中心とする11州にとどまり(しかもそのうちひとつは定数が2しか配分されず第二位との差がつかないモリーゼ州)、上院全体でも中道右派連合に後れを取っている。

各州を選挙区とするイタリア上院では、全国で第一党でない政党も、州では第一党となって多くの議席を獲得することができる。そのため議席が分散し、下院で議席の過半数を握る政党(連合)が上院においては過半数に届かないということもありうる。

これをある程度防ぐために、イタリアでは基本的に上院と下院の選挙は同時に行われる。そこには、上院と下院それぞれに対する同様の投票行動を有権者に促し、両院の構成を一致させる狙いがあるのだ。

しかし、2013年のイタリア総選挙では人気コメディアンのグリッロの5つ星運動や、前首相のモンティが結成した新党に票が分散したために、得票率では1位となった中道左派連合の議席数が極端に低くなって、上院の過半数には全く届かなくなってしまった。そのために、上院と下院の深刻な「ねじれ」 に悩むことになったのである。

次ページ日本の参議院選挙で「農村」が強い理由
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT