選挙直前!自民党はどう変わったのですか?

林芳正農林水産大臣vs.春香クリスティーン(下)

「週に3回は国会議事堂に行く」「特技は、自作の政治家カルタ」――。自他共に認める政治ウォッチャーであり、政治家の追っかけを趣味とするのが、春香クリスティーンさん。政治家マニアになったきっかけは、生まれ故郷であるスイスの人々に比べて、「日本人が政治に興味がなさすぎる」ことへの疑問だ。
政治家たちの“人となり”を知れば、もっと政治が面白く感じられるのでは――。そんな思いから、毎回、政治家と対談をするのがこの連載。政治家のあまり知られていない横顔から、身近な政治問題にまで迫ります。
前回の対談に続き、今回は「自民党の変化」について聞きます。

※対談の前編はこちら

野党を経て、自民党は何が変わりました?

春香:2009年に民主党が政権を取り、自民党は野党を経験しました。それによって、自民党は変わったとも言われています。特に大臣が変わったなと思うところは?

林:野党の経験というのは大事で、こちらから“出前”に行くというか。その頃から、「なまごえ☆プロジェクト」という集会を始めました。全国に出かけて、皆さんのご意見を伺いに行くというもので、私も何カ所か行きました。やっぱり、与党時代がずっと続くと、皆さんのほうから陳情に来られるんです。だからどうしても受け身になって、来られない方の声というのは、なかなか届かなくなってしまう。

よく言われるのが、ボーカルマイノリティ(声の大きな少数派)とサイレントマジョリティ(物言わぬ多数派)。ここ(永田町)で待っていると、ボーカルマイノリティの言葉は届きますよね。だけどサイレントマジョリティで「I don't want to do that(私はそれをやりたくない)」みたいな人の声は、なかなか伝わらない。だから、そこまで出かけて聞かないと、だんだんパイプが細くなるということに、野党時代に気がついたというか。

わかってはいたはずなのですが、再認識したということですね。それを経て、また与党に戻ってきているので、そのパイプを残したままで政府を作って政策をやるというのが、今、非常にうまく回転している理由のひとつだと思いますね。

派閥政治は消えた?

春香:変わったということでは、かつての自民党といえば派閥政治、というイメージがありました。でも、それも昔と比べると薄れていっているという感覚があります。特に若手の議員はそうで、ますますそれが強くなっていると感じます。

次ページ派閥が持っていた教育機能
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当は怖い住宅購入
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT