「統一地方選挙」が盛り上がらない理由

「制度」が政治に与える影響

統一地方選の後半戦が始まっていますが……。どこか盛り上がりに欠けると思いませんか?(m_spike / PIXTA)
「自民党はなぜ強いのか? これからも強いのか?」「なぜ、町村議会議員は“無所属”ばかりなのか?」「“統一地方選”って何のイミがあるの?」このような疑問に答えられる人は、実はとても少ない。
そんな、わかりそうでわからない政治の世界をコンパクトにまとめた新刊『民主主義の条件』を上梓した新進気鋭の政治学者・砂原庸介氏が、3回にわたり、大人が学んでおきたい政治の基礎について解説する。

統一地方選挙がまったく盛り上がらない

大人が学んでおきたい「政治のしくみ」基礎のキソ。民主主義の根幹を、サントリー学芸賞受賞・新進気鋭の政治学者が一からわかりやすく解説する。日本政治をリアルに理解するための新常識が、この1冊に凝縮!

2015年は、4年に1度の「統一地方選挙」の年です。統一地方選挙とは、戦後、初めて地方自治体の知事選挙や市町村長選挙、そして地方議員選挙が行われた1947年に、4月の同じタイミングで選挙が実施されたことに始まるものです。

初めて統一地方選挙が行われたときは、もちろんすべての地方自治体で、日本全国一斉に選挙が行われました。しかし、その後、特に知事・市町村長といった「長」の選挙については、在職中の死亡や任期を残しての辞職などによって、統一地方選挙と違うタイミングで選挙が行われることが増えています。

地方議会はというと、都道府県議会の選挙はそのほとんどが統一地方選挙で行われています。例外は不祥事での自主解散の経験を持つ東京都・茨城県と、1972年に日本に復帰した沖縄県、東日本大震災の影響を受けた岩手・宮城・福島の3県です。市町村議会は市町村合併によって、統一地方選挙と異なるタイミングで選挙が行われることが増えています。結果として、都道府県議会と東京都の特別区議会を除けば、たいして統一的に行われていないのが、現在の「統一地方選挙」なのです。

次ページ1票も入っていなくても当選?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT