「米国は世界の縮図、メルカリは必ず勝つ」

フリマアプリ最大手、山田社長の野望とは?

「あるべき姿にはまだ遠い」と語る山田社長。海外事業はこれからが本番だ(撮影:梅谷秀司)

──ベンチャーキャピタルなどから126億円を調達。日本随一のユニコーン企業(企業としての評価額が10億ドル以上かつ非上場のベンチャー)といわれていますが、今後の資本政策をどう考えていますか。

米国が黒字化しておらず、安定的に収益を出せるセオリーが確立していないのではっきりとは言えない。ただ最短距離で成長できるよう、色々なオプションは考えており、あらゆる投資家とコミュニケーションを続けている。

金額の多寡に関係なく、売却するつもりはない

当記事は弊社サイト「週刊東洋経済Plus」からの転載記事です

──山田社長はかつて創業したウノウを売却した経験があります。売却の見通しは?

僕自身は、当時も「世界で使われるネットサービスを作る」というミッションを持っていた。売却先のゲーム会社・Zynga(ジンガ)は世界に億単位のユーザーを抱えている会社で、その一員になれば、自分たちのサービスも世界にユーザーを広げられるかもしれないと。独立性か、ミッションか。どちらを取るか考え、出した結論だった。

だが、その後ジンガも調子を落とし、「日本の担当として日本のビジネスだけ見てくれ」と方針転換があったが、それは本意ではなかったので辞めた経緯がある。メルカリはまだ自分たちで成長させられる余地が大きいと感じている。金額の多寡に関係なく、売却するつもりはない。

──現状の自己評価は?

時間が経たないとわからない。この一年もまだまだやれたと思うことばかりだし、会社のあるべき姿にはまだまだ遠い。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT