「米国は世界の縮図、メルカリは必ず勝つ」

フリマアプリ最大手、山田社長の野望とは?

「あるべき姿にはまだ遠い」と語る山田社長。海外事業はこれからが本番だ(撮影:梅谷秀司)

──ベンチャーキャピタルなどから126億円を調達。日本随一のユニコーン企業(企業としての評価額が10億ドル以上かつ非上場のベンチャー)といわれていますが、今後の資本政策をどう考えていますか。

米国が黒字化しておらず、安定的に収益を出せるセオリーが確立していないのではっきりとは言えない。ただ最短距離で成長できるよう、色々なオプションは考えており、あらゆる投資家とコミュニケーションを続けている。

金額の多寡に関係なく、売却するつもりはない

当記事は弊社サイト「週刊東洋経済Plus」からの転載記事です

──山田社長はかつて創業したウノウを売却した経験があります。売却の見通しは?

僕自身は、当時も「世界で使われるネットサービスを作る」というミッションを持っていた。売却先のゲーム会社・Zynga(ジンガ)は世界に億単位のユーザーを抱えている会社で、その一員になれば、自分たちのサービスも世界にユーザーを広げられるかもしれないと。独立性か、ミッションか。どちらを取るか考え、出した結論だった。

だが、その後ジンガも調子を落とし、「日本の担当として日本のビジネスだけ見てくれ」と方針転換があったが、それは本意ではなかったので辞めた経緯がある。メルカリはまだ自分たちで成長させられる余地が大きいと感じている。金額の多寡に関係なく、売却するつもりはない。

──現状の自己評価は?

時間が経たないとわからない。この一年もまだまだやれたと思うことばかりだし、会社のあるべき姿にはまだまだ遠い。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT