同じ勉強をしていて差がつく「本質的な理由」

できる子とあと一歩の子の意外と大きい違い

まったく同じ授業を受けていても、成績に差がついてしまう(写真:msv / PIXTA)
※石田勝紀先生へのご相談はこちらから
【質問】
いつも記事を興味深く、拝見しております。うちには中学3年の娘と中学1年の息子がいます。2人とも、学校の授業をしっかりとやっており、塾にも通っており、成績はまずまずの上位ではありますが、トップクラスではありません。私から見ても一生懸命やっているようですが、どうしてもトップ(1位や2位)にはなれないようです。
学校で同じ授業を受けて、塾のクラスも同じ友人がトップの成績なのです。それなのにどうして自分はそうなれないのかとぼやいています。どうしたら、そのトップの子のようになれるのか、何か良いヒントがありましたら、お願いします。
(仮名:嵯峨さん)

なぜ同じ授業を受けていて差がつくのか?

この連載の記事一覧はこちら

【石田先生の回答】

嵯峨さん、お便りありがとうございます。「なぜ同じ授業を受けていて差がつくのか?」とても良い視点ですね。ここには非常に重要で本質的問題があります。

中高時代に、クラスでよくできる生徒がいて、「同じ授業を受けていてなぜ、あいつはできるのだろうか。塾でも同じ授業を受けているにもかかわらず、彼我の差がついてしまう。いったいなぜ。自分もしっかり勉強やっているのに」――。こうした思いをされたことは、誰しも一度や二度はあるのではないでしょうか。

これに対して、理由を「やっぱり頭の構造が違う」「遺伝だ」など、努力しても手に入らないところに置き、自分を擁護したりすることもあるでしょう。もちろん、そうした可能性も否定できません。実際、一部の天才的な子はそうかもしれません。しかしそのような子が存在する確率は非常に小さいはずであり、身近にそんなにたくさんいるものではありません。

次ページ差がついてしまう理由は
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。