成績が伸びない子に効く「直しノート」の威力

書き方ひとつで、こんなに変わる!

成績が伸びない子には「直しノート」が効きそうです(写真:cba / PIXTA)
小学校低学年から高学年、そして中学生へ……。周囲に私学を受験する子も増える中で、わが子の成績や先々の進路がまったく気にならない親はいないだろう。どうすれば少しでもいい点が取れ、より上位の学校に進学できるのか。そもそも子どもにやる気を起こさせるには?
約25年にわたり学習塾を運営し、3000人以上の子どもを指導、成績向上に導いてきた石田勝紀氏は「心・体・頭のしつけ」をすることが重要と語ります。この連載では石田先生の元に寄せられた親たちのお悩みに答えつつ、ぐんぐん伸びる子への育て方について考えていきます。
※石田勝紀先生へのご相談はこちらから

 

【質問】

中学3年生の男の子を持つ母親です。子どもは受験に向けて日々勉強をしています。模試やテストも頻繁にあり、まさに受験生だなと感じる日々です。そこでご相談です。親としてはなるべく口を出さないようにしているつもりですが、一生懸命やっているわりには、なかなか成果が出ていないようです。模試やテストもやりっぱなしにしているようなので、「復習したら」と言っていますが、なかなか動こうとはしません。何かよい方法はないでしょうか。(仮名:吉野さん)

 

【石田先生の回答】

中学3年生、まさにこれからがいちばん大切な時期になりますね。ぜひとも、志望校合格を勝ち取ってもらいたいですね。

ご相談内容ですが、「勉強しても成果がなかなか出ておらず、特に模試などの復習もしていない」ということですね。勉強の成果に関しては、「勉強しても成果がでない中学生『3つの傾向』」という記事を書いていますので、よろしければそちらも合わせてご覧ください。いくつか思いあたる節があると思います。また、お子さんにもその記事を読んでもらってください。何か変化が起こるはずです。

「当たり前」をやるコツ、それが「直しノート」

今回は、ご相談の中に書いてありました、「模試やテストの復習をしない」という点にスポットを当ててお話しますね。実は、この点は意外と見過ごされているのですが、非常に大切なことであると同時に、絶大なる効果を引き出す秘密が隠されています。

私が主宰する緑進学院では、例年、第一志望校の合格率は90%以上出しています。その理由は、「当たり前のことを当たり前にやっている」ということだけなのですが、この当たり前のことができない生徒が世間では非常に多く、そのため、「当たり前」のことをやっている生徒が合格していくのです。

その当たり前のことの中に、「直しノート」の作成というものがあります。

次ページ間違いは「宝」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 今見るべきネット配信番組
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT