成績が伸びない子に効く「直しノート」の威力

書き方ひとつで、こんなに変わる!

多くの生徒は、模試はやりっぱしで、1カ月後に戻ってくる点数や偏差値、順位を見ておしまいにしてしまいます。これは非常にもったいないことですね。せっかく時間をとって、問題を解いて、「どこがわかって、どこがわからないか」が明確になったのに、そのままにしておくのですから、これではまったく成長がないのも当然です。

しかも模試は、よく問われる問題を集中的に出していますから、これを使って勉強することは非常に効率的なのです。しかし、ただ「復習をやれ!」では面白くありません。どうせやるのであれば、「楽しむ構造」を作らなければなりません。そこで登場するのが、「直しノート」なのです。

「直しノート」の3つの段階とポイント

しかし、ただ間違えた問題を集めるというだけではありません。実は、そこにはいくつかの段階とポイントがあるのです。

<第1段階:これが最低限できれば効果は確実に出る>
・左に問題、右に解答、解説+どこを間違えたか?
・色を使ってカラフルにする
・オリジナルノートを作る

問題と解答、解説をノートの左右に分けて作るというのは、よくある方法です。しかし、重要なことは「図や絵、さらに色付けしてカラフル」して、後で見返したくなるようなノートにすることです。黒一色の淡白なノートは見ていて、つまらないですし、勉強の意欲を減退させます。
科目ごとに「直しノート」を作り、次回のテスト前に再度問題を解きます。すると、それだけで確実にできるようになっていくことでしょう。

<第2段階:ここまでできれば学力向上が加速する>
・「今度どういうところに気をつけるか」の記述→ 反省と対策

第1段階のさらに上のレベルです。反省点を書きくわえ、今後どのような対策を取るかという点を書きます。すると、成長は加速します。

<第3段階:この段階ができれば、自分の力だけでなく周囲の力も味方にできる>
・誰かに見せてコメントもらう(親⇔子、先生⇔生徒など)

ここでは「直しノート」を使って、コミュニケーションを行います。解説を見てもわからないことを質問してもいいですし、感想を書いてもいいでしょう。それに対して、親や先生がコメントを入れてあげることも有効です。ここまでくると一種の交換日記のような機能も持ちます。実はこの人的交流が、信頼関係を育み、つらい時期を乗り切る原動力となるのです。

次ページどんなノートが有効か?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT