SNSで使える!「自虐つっこみ」表現英語編

使ってみると、とても楽しい

しかも、ハナコさん、職場のPCだけでなく、自宅のコンピュータも調子が悪いのだとか。急にネットがつながらなくなって、プロバイダに電話して復旧するのに何時間もかかったらしいのです。

なるほど、それで「電磁波を発しています」ということだったのですね。ヒトから出る赤外線で、本当にコンピュータが故障するのかどうかはわかりませんが、たまに身の周りで連続して電気製品が壊れたりすることってありますよね。あれって、何なんでしょうね。

このときのハナコさんの締めのコメントが、

Recently computers hate me. 最近、コンピュータに嫌われている

でした。これはこれでいいでしょう。I hate computers よりも、状況にピッタリと合っています。

頻発する問題のことを述べるときには

でもせっかくですから、今日はこんなときに使える別の表現を紹介しましょう。

What is it with me and computers lately? ここのところ、どうしてコンピュータと相性が悪いのかしら

What is it with me and (問題の対象)? という構文で、頻発する問題のことを述べることができます。たとえば、

What is it with me and numbers lately? ここのところ、どうして数字と相性が悪いんだろう
What is it with me and children today?
今日は、どうして子どもとうまくいかないんだろう
What is it with me and crying in the bathroom these days?
最近、どうしてお風呂で泣いてばかりなんだろう

のように使います。名詞が入ると「それと自分がうまく行かない」という意味で、動名詞が入ると「自分がその行動ばかりしている」という意味です。自分と問題点を並立して述べることで、こんな表現になるのはちょっと面白いですよね。

ともあれ、ハナコさんの電磁波はもう収まったのでしょうか。Hanako, I hope you emit the pheromone that attracts males, rather than electromagnetic radiation… (ハナコさんには、できれば電磁波じゃなくて、男性を惹きつけるフェロモンを発してほしいですねぇ……)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT