英語は「動詞の使い回し」で劇的に上手くなる

「20の動詞」を感覚で捉えて使うのがコツ!

「put on」は「服を着る」、では反対の「服を脱ぐ」は?(写真:AK / PIXTA)
英語を習得したい、そう考えるビジネスマンはますます増えていることでしょう。しかし、「よしやるぞ」と気合いを入れて勉強をはじめても、どうも途中で挫折してしまう……という声も多いようです。そんな人のために、ビジネスパーソン向けの英語学習コンサルティングを行っている佐藤洋一氏に、前回記事に引き続きあらゆることを表現できる基本的な「20の動詞」について解説してもらいます。

動詞は日本語訳ではなくイメージでとらえる

あまり日常的に使わないような難しい単語、いわゆる「ビッグワード」に頼らず、手持ちの簡単な英単語で言い換えてみる。そうすれば、私たちの生活のほとんどは、基本的な「20の動詞」で言い表すことができる。前回の記事で、そうお話ししました。

たとえば「get」という簡単な単語ひとつでも、実に多彩な表現ができます。このgetをはじめごく簡単な20の動詞を活用すれば、私たちの行動・思考などのほとんどを表現することが可能なのです。実際、ネイティブや英語上級者は、会話のほとんどをごく簡単なワードで行っているものです。

この基本的な「20の動詞」は、私がこれまで多くのビジネスパーソンに英語をレクチャーしてきた経験をもとに、ネイティブのベテラン講師とディスカッションを繰り返して選びました。「人間の行動」は主に5つに分類することができ、20の動詞は、その人間の行動原理に根ざしたものになっています。

①人が動く(getgocome
②人が何かを動かす、変化させる(puthavetakegiveturnmakebring
③人が何かを見たり、聞いたり、感じたりする(feelthinkhear
④人が何かをやろうとする(keepstaytry
⑤人が他の人と何かをする(talktellspeakmeet
次ページ特に動詞は感覚的にとらえるのが最適
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。