英語は「動詞の使い回し」で劇的に上手くなる

「20の動詞」を感覚で捉えて使うのがコツ!

動詞に組み合わせることで、多彩なバリエーションの表現を作ってくれる、itおよび前置詞。その組み合わせの例を以下に挙げてみましょう。

「人が何かを動かす、変化させる」といった表現に使える動詞「put」、「have」、「take」の3つそれぞれに、「out」「off」という前置詞を掛け合わせてみると、どんな表現が生まれるでしょうか。

動詞×off

put off(延期する=予定をはずす)>

The meeting was put off since the majority of the attendees were unavailable.(ほとんどの参加者が都合がつかず、ミーティングは延期になったよ)

have a day off(仕事を休みにする)>
I have a terrible headache. I will have a day off tomorrow, maybe.(ひどい頭痛でさ。明日は休みにしたほうがいいかな、たぶん)

take off(脱ぐ)>
Please take off your shoes before you enter this tea ceremony chamber.(この茶室に入る前に靴を脱いでください)

動詞×out

put out(明かりや火を消す)>
Put out the lights now. The movie shall begin.(明かりを消して。映画が始まるよ)

have A out(外へ出す)>
Finally, a sunny day! Did you have your laundry out today?(やっと晴れたわ。今日洗濯物干したの?)

take out(取り出す)>
If you have a laptop computer in your bag, make sure to take it out before the investigation.(カバンの中にパソコンが入ってるんだったら、検査の前に絶対に取り出しておいてね)

次ページ自分なりに推測できるように
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT