山口絵理子が探し続ける「輝ける場所」とは?

マザーハウスが起こしたモノづくりの奇跡

思っていた以上に、バングラデシュで安定した品質を保ち、確固たる信頼関係を作るのは至難の業だった。できあがったバッグを段ボール箱に投げ入れたり、はさみを投げて渡してきたり。

工場を転々として、最後にくだした決断は、「自分の工場を持つ」という、もっとリスクを取る選択だった。

このときも「日本での販売さえままならないのに、途上国で現地法人を作って、自分の工場を持つなんて、馬鹿じゃないか!」と言われた。

それでも退路を断った人間には、奇跡を呼び寄せるチカラが宿る。

信頼していた現地のパートナーが工場を去り、誰も頼れる人がいなくなったときのこと。“奇跡の出会い”があった。今の工場長マイヌル・ハックと出会ったのだ。彼は絶望的な状況でも逃げ出さず、共に汗を流してくれた。

そして、彼がモハメド・アブドゥラ・アル・マムンという現在の生産マネジャーを連れて来てくれたこと。さらにマムンが、モルシェド・アラムというバングラデシュで最高のサンプルマスターを連れて来てくれたこと。絶望の淵に立たされたとき、奇跡は起こる。

どこにも近道はなかった

奇跡の出会いがさらなる奇跡の出会いを呼び、3人からはじまった工場は、現在約200人になっている。そして、みんなが家族のように温かく、切磋琢磨しあう関係であることには、うそ一つない。

こうやって文章にすると、あっという間の出来事のように思えるが、どこにも近道はなかった。

よく、「信頼関係がどのように作られたか?」と聞かれることがあるが、何か一つの出来事がきっかけだったわけじゃない。ピンチのときも、苦しいときも、彼らと「一緒にいた」事実がそれを作ってくれた。よりよいもの、新しいものを生み出すために、汗を流してきただけだった。

年間、多いときは7割の時間、バングラデシュの工場にいた。今でも1年の半分はいる。だから、自分のホームがどこなのか聞かれると、半分バングラデシュだって答えている。

振り返ると1000種類以上ものバッグを作ってきた。売れる商品を作れたときもあれば、眠れぬほど悩んだ商品でも、まったくお客さんに届かなかった時期もある。それでも、いいときも悪いときも、彼らと一緒にいた。

3人ではじまった小さな家「マトリゴール」(ベンガル語で「マザーハウス」)は、温かい温度感を保ったまま、少しずつ大きな家になっていった。

バングラデシュのスタッフが140人くらいのとき、ピクニックに行った。なぜかみんな、「マトリゴール」と書かれた水色のオリジナルTシャツを着て参加してくれた。そんな、思いもよらない予算の使い方に、一致団結力を見せつけられたのだった。

そしてもう一つ。「デザイン」の道のりも、毎シーズン、新しいドラマを私の人生に与えてくれた。改めて言うと、私には「代表取締役」と「デザイナー」の二つの肩書がある。デザインの話はマニアックすぎるので、ここでは深くは書かない。しかし、その話だけでも、一冊本が書けるくらい、悩み、もうだめだという、絶望を何度も感じた。

「お店が増えるほどに型紙が切れなくなるのは、どうしてだろう……」

次ページまた笑顔を作りたい
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT