山口絵理子が探し続ける「輝ける場所」とは?

マザーハウスが起こしたモノづくりの奇跡

でも、一緒に遊んでいたグループのみんなは、いろいろと問題はあったかと思うが、エネルギーにあふれている子ばかりだった。ブレークダンスが流行ったら、廊下でとても上手にダンスしていた。ナイキのエアがはやったら、誰よりも早くゲットして(教室の中でも)かっこよく履いていた。髪の毛を染めることも、ポケベルを持つことも、私たちは誰よりも早かったし、かっこよかった。

柔道というスポーツとの出会い

そんなエネルギーいっぱいだった私を変えたのは、柔道というスポーツとの出会いだ。

「投げ飛ばしてみたい!」という気持ちからスタートした部活だったが、少しずつ「試合に勝ちたい」という気持ちに変わっていった。

けんかなら自信があるのに、フェアなルールで成り立つ試合で負けるなんて、すごく悔しかった。やんちゃなグループの先輩たちと遊ぶ時間は、少しずつ柔道の時間に変わっていった。

さらに、部活動だけではだめだと思い、町の道場も見つけて通いはじめた。

深山先生という強烈な個性を持った鬼コーチは、私に柔道の厳しさを教えてくれた。先生は、「試合に出たいなら、髪を黒くしなさい」と言った。いま思うと、とても戦略的な先生だったと感じる。まんまとその手にひっかかり、私は中学2年生頃から、まじめに柔道に打ち込むようになった。

中学校3年生のとき、私は埼玉県で1番になり、やがて全国ベスト16位にまでなった。

「ベスト16なんて、かっこわるいなぁ~」

その試合では鼻を骨折してしまったので、もっとかっこわるかった。

「高校でも続ける」

たくさんの高校から、スカウトがきた。しかし、私が選んだのは女子部のない埼玉県の工業高校だった。そこの男子柔道部は埼玉県内で55年連続1位を取っていた。

はじめは入部拒否されたけれど、男子と練習したら絶対に強くなれる! という安直な考えを信じ込み、はじめての女子部員となった。「絶対に結果を出す!」という気持ちで、365日休みなく、朝から晩まで、体重80キロくらいの男子部員のみんなと、練習に明け暮れた。さらに昼休みも筋力トレーニングをして過ごした。

思い返すと、高校の制服を着たのは入学式と卒業式くらいじゃないかと思う。残りはジャージか柔道着だ。今、改めて柔道着を見ると「こんなに強い素材はないな」と思う。そんな道着も何枚も袖がちぎれ、ひざには穴があき、徐々に穴が大きくなって、練習中に長ズボンが短パンに変わったこともあった。洗濯しても落ちない血の跡も何カ所もできた。ひざの靱帯、腰、足首、肋骨など、さまざまな部位をケガした。それくらい厳しすぎる稽古だった。

次ページ「よくやったなぁ私」 そう思った瞬間…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT