山口絵理子が探し続ける「輝ける場所」とは?

マザーハウスが起こしたモノづくりの奇跡

1日1日は、まるでドラマの中にいるようで、あっという間に過ぎ去っていった。

“軌道に乗った”とまで言えるかどうかわからないが、それぞれの国にリーダーがいて、みんなが役割を全うしてくれている。

私は、たまに日本に帰ったときに思うことがあった。

「みんな、私がいてもいなくても、ぐんぐん成長している」

ある日、日本の事務所にある、私の机やいすが、肩身が狭そうに見えたとき、ふと思った。

「“途上国から世界に通用するブランドをつくる”ために、私自身がやらなきゃいけないことは、何だろう?」

会社が大きくなるにつれて、代表取締役は「管理」の仕事が多くなるのが常だ。ハンコを押したり、人事を考えたり、面接や店舗展開など、やらなければならないことは山ほどある。

でも、私はいつも、“私じゃないといけないこと”を探しているように思う。

幸いにも管理の仕事は、私以上に適任者が何人もいる。副社長の山崎から、「いきなり帰ってきてプロセスを乱されたら、たまったもんじゃない!」と言われたこともあった。

そんな中、私は決意した。

「世界は広いんだ。私は外に出よう。“途上国から世界に通用するブランドをつくる”を体現するのは私なんだ。新しい場所でもう一度、0から1を作りあげよう」

0を1にする仕事を心から愛している

続きは『裸で生きる3 輝ける場所を探して』をお読みください(上の書影をクリックするとアマゾンの販売サイトにジャンプします)

起業して10年、改めて新しい世界の扉を開けたいと思った背景には、こんな思いがあったのだった。

私は、0を1にする仕事を心から愛している。そして、世界から見たら「端っこ」に生きている人たちでも、たくさんの可能性があることを証明したい。そこにしかない技術や素材、そして職人さんたちと、最高のモノ作りを通じて、“途上国”という貧しいイメージを払拭していきたい。それが私自身のライフワーク。10年経っても、起業した当時の気持ちと1ミリもぶれることはなかった。

「私自身がやりたいことは、事務所やパソコンの前にはない。現場に行くんだ!」

そんな、10年目にして、新しい挑戦をしたい気持ちでうずうずしていたとき、なんとも不思議な出会いと巡り合わせから、その挑戦ははじまったのだった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT