山口絵理子が探し続ける「輝ける場所」とは?

マザーハウスが起こしたモノづくりの奇跡

それでも、高校3年生のとき、再び埼玉県で優勝をした。関東大会で2位になり、ずっと夢だった全日本の舞台に立ち、軽量級で7位になった。

「よくやったなぁ私」

そう思った瞬間、何の未練もなくなり、柔道着を段ボール箱にしまった。

新たな夢を抱いて

次に、私は身の程を知らずに、新たな夢を持った。

「大学に行きたい」

人生でまともに勉強した時期がなかった私が、工業高校から大学進学を夢みた。いじめられっ子だったことから、いつか政治家になり、日本の教育を変えたいと思ったからだ。

浪人覚悟で挑んだ受験だったが、AO入試(書類選考と面接によって選考する)という試験を経て、奇跡的に慶應義塾大学に入学した。

私はそこで、すばらしい出会いを得た。

一人は、竹中平蔵先生。ちょうど大臣になる頃の1年間、先生は私のいたキャンパスでゼミを持っていた。臆病で内気な私だったが、そのゼミで発表をした日、先生はトイレの前ですれ違いざまに、「よかったですよ」と言ってくれた。私はその言葉が今も強く記憶に残っている。

(こんなすごい人が、私に話しかけてくれた! しかも“よかったですよ”って言ってくれた!!)

大学の4年間で一番うれしい瞬間だった。

そしてもう一人、現在マザーハウスの副社長である山崎大祐とも、このゼミで出会った。いつもはじっこにいる私、ゼミで幹事を務めていた一つ先輩の彼。

あまりにもレベルが違いすぎて、最初は話すのも緊張したが、彼はとても公平な人で、コンプレックスだらけの私にも、研究のアドバイスをくれたり、哲学的な話も親身になって聞いてくれた。思えば、あの大学4年間の哲学的な話し合いに、マザーハウスの根底に流れる問題意識のすべてがあるように思える。

大学卒業後の進路は、私の人生のターニングポイントだ。みんなが就職活動をする中で、私は一人、ワシントンにいた。私は大学に入ってからもずっと「教育」に興味を持ち続けていた。

「もっと楽しい学校を作りたい」「既存の教育は何かが間違っている」

そんなふうに生意気に考えていたのだ。でも、大学の「開発学」の授業の中で、「教育を必要としているのは、途上国と呼ばれる国々で、国の成長は人の成長にかかっている」という趣旨の講義を聞いたとき、私の視線は国内から世界に移り、「途上国のために働きたいな」と思ったのだ。

それ以降「国際機関」と呼ばれる組織が私のあこがれになった。

ある日、その中の一つ、「米州開発銀行」という国際機関がアルバイトを募集していることを知り、私はだめもとで応募し、運良く選考を突破。はじめてのアメリカ、はじめてのワシントン、はじめての国際機関、はじめての国際会議、はじめての上司はアルゼンチン人。すべてが新鮮で、ドキドキした。

次ページひとつの疑問
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT