知られざる「ハイエナファンド」の極悪非道

日本人が知らないし烈な国際金融バトル

──プロローグは対象国がコンゴでした。

最初はアフリカ中心に書こうとして、タイトルも石油を意味する「黒い黄金」でいこうかと。ギリシャやアルゼンチンが入ってきたので、「国家とハイエナ」に最終的に変えた。「国家」を入れたのは重厚な内容にしたいと思ったからだ。

──日本ではなじみの薄いカラ売りファンドが活躍しますね。

実際には日本人の「カラ売り屋」はいない。米国にはいっぱいいて50以上、ここ7~8年中国でのカラ売りで儲けて、その数は100近いか。彼らの活動が案件の解説になり、「狂言回し」としても役に立つ。多少世間を斜めに見ているところがあるが、結局見方の正しい場合が少なくない。コンゴやザンビアなどの事情はばらばらのようだが、カラ売り屋によってつなげられた。

西アフリカには怪しい銀行ばかり

──作中の「パンアフリカ銀行」がその役割?

この存在はフィクションだ。ただしスーパーメジャーの一つ、旧仏エルフ(今は合併して仏トタル)は現実にカラ売りをしたり、破綻国家にファイナンスをつけたりしていた。銀行にしたほうが、役割がはっきりする。25年近く前にマネーロンダリングなど数々の悪事が発覚して経営破綻した多国籍銀行BCCI(国際商業信用銀行)をアフリカ版として模した。実際、特に西アフリカには怪しい銀行ばかりがある。

『国家とハイエナ』(幻冬舎/528ページ)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。

──世界各地のディテールの詳しさも魅力ですね。

もう30年近くロンドンに住んでおり、英国は地元なので楽に描写ができる。たとえば英国では反ハイエナ法案が成立したが、法案審議がパーラメントTVで見られる。ドキュメント化もされている。議会の仕組みや手続きにも独特なものがあって、議場の左右にイエスとノーの部屋があり、賛否の評決はそれぞれの議員入室数で行われる。

──このノンフィクションノベルは色恋ざたなしですね。

男女の色恋が絡んだ筋立てはずいぶん前、昭和40年代までの小説ではないか。それで経済が動くことはもはやない。

──男と男の結婚の話は出てきます。

主役のモデルの息子がゲイで同性婚の立法化を推進してきた人物。米国でのLGBT(性的少数者)状況についてずいぶん詳しくなった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT