現地社員に日本の価値観を理解させるには?

グローバル人事の「目」(第10回)

説得ではなく体験で納得させる

次にサービスを受ける立場からサービスを提供する側に回り、丁寧な対応をするとサービスの受け手側から感謝されることを知った。また、同じ行動をするなら丁寧な対応をしたほうが自分も気持ちいいし、やりがいもあるということに気づいてもらったのである。

その結果、現地社員の行動がガラリと変わり、イキイキしながらおもてなしサービスを提供できるようになったのだ。

現地社員の概念にない価値観を言葉で伝えても納得しない。そこで、次の2点が重要になる。

(1)実際に日本式と現地式のサービスを受けてもらって、日本式の心地よさを意識してもらうこと。

(2)現地の顧客に対してどのようなサービスを提供すると自分もうれしいかということを自分で考えること。

こうしたポイントを押さえることで、「おカネを得るための手段」でしかなかった「仕事」に「働く意味とやりがい」が加わるのである。

比較体験という手法は、サービス業だけでなく価値観が違う人とのコミュニケーション全般に活用できる。国内でも価値観が違う人々とのやりとりに有効である。価値観の違いに悩んだら無理やり「説得」するのではなく、体感させて気づかせるこの手法を実践していただきたい。

(撮影:杉本りう子)
 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT