正社員、非正社員“渾然一体”のワナ

生涯年収1.5億円の差。それでも同じ仕事?

正社員だと思っていた同僚が、実は非正社員だった――。そんな経験、みなさんもしたことがないでしょうか。

正社員と非正社員が”渾然一体”となった現代の職場では、過去にはなかった、さまざまな問題が起きています。今回はそれらについて考えてみたいと思います。

日本の職場で働いている就業者は(役員を除けば)、ざっくり正社員と非正社員に分けて考えることができます。正社員とは、雇用契約上で特別の取り決めなく雇用されている人のこと。雇用期間の定めがなく、解雇についても厳しく制限されている、ある種“守られた”待遇の人です。

正社員は長年、職場の中核戦力として位置づけられてきました。会社のおカネで社内教育や研修を受け、徐々に大きな仕事を任され、昇格して役職者になったり、昇給するチャンスも与えられてきました。ところが最近、

「正社員も、これまでのように安穏としていられない」

と、危機感をあおる記事を多く見るようになりました。衣料品大手「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングの柳井正会長兼社長が、全世界の正社員と役員の賃金体系を統一する方針をぶち上げ、「正社員でも年収100万円しかもらえない可能性がある」と言い出したこと。あるいは正社員を解雇しやすくなる法改正の動きなどがあるからでしょう。

生涯年収で1億5000万円の差

とは言え、基本的には

正社員=終身雇用、年功序列など安定収入のある立場

の意味合いが急速に変わるとは、到底思えません(中長期的に構造変化はあるでしょうが)。

一方、非正社員。アルバイト・パート・派遣社員など有期雇用による勤務形態を指します。正社員と比較した場合、

1. 待遇面で差が大きい
(例:給与が低い、退職金がない、有期雇用のため将来が不安定)

2. キャリア形成の仕組みが整備されていない
(例:昇進・昇級のルールがあいまい、技術の蓄積ができる仕事を任せられない)

次ページ正社員登用が、キャリアのゴール?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT