正社員、非正社員“渾然一体”のワナ

生涯年収1.5億円の差。それでも同じ仕事?

「正社員を育てる役割を担うくらいの給料はもらっていません。断ります」

と、非正社員が集団で抗議してくる事態に。確かに正社員の育成を非正社員に任せようとした発言は「間違っていました」と訂正するしかありません。この“事件”に遭遇した管理職は、

「雇用が多様化すると、面倒なことが起きるもの。管理職は大変だ」

と嘆くばかりですが、それでいいのでしょうか。

大前提を忘れてはいけない

正社員と非正社員では、仕事における価値観・待遇が違っています。それを踏まえて役割を考えて割り振ることが必要です。その前提を忘れてしまうと、この管理職のように周囲から大ブーイングを受けることになります。そもそも、忘れてはいけないのが

・同一労働、同一賃金の原則

です。性別、雇用形態、人種、宗教、国籍などに関係なく、同一の職種に従事する労働者に対して同一の賃金水準を適用し、労働の量に応じて賃金を支払う賃金政策のことです。ところが、正社員がやっていた仕事の後任を非正社員に任せる、という判断を平気でする管理職がいます。これは非常に大きな間違いです。聞いてみると

「組織とは、お互いが助け合うのが当たり前。正社員も非正社員も関係ない」

という、驚く回答が返ってきました。確かに組織で《気持ち的に一体感》を醸成したいのはわかります。ただ、雇用が多様化する職場で、正社員も非正社員も公平で納得度の高い環境を提供するため、

《役割分担を明確に意識したマネジメント》

をつねに意識しないと、職場内に不満が充満するだけ。その点、くれぐれも気をつけたいものです。

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT