「違い」ばかり探せば社会の亀裂は拡大する

小田原市が速攻で熊本支援を決めた理由

「失われた20年」とよく言いますが、いったい何がいけなかったのでしょうか?
わたくし、TKO木本武宏が、複雑な現代の世の中についてその道のエキスパートに教えを乞う対談。第7タームの講師は井手英策さん。慶應大学で教鞭をとられている私と同世代の気鋭の論客です。最新刊『18歳からの格差論』をベースにお話を伺っていますが、3回目は、いわゆる「失われた20年」について伺いました。

第1回第2回

「失われた20年」は誰のせいでもない?

この連載の過去記事はこちら

木本:さて、今回はバブル崩壊後のいわゆる「失われた20年」について伺っていきます。この言葉ってよく聞きますが、もう20年以上経っていますので、知らない若い人も増えていますよね。そもそも、いったい何がまずくて20年も停滞してしまったんでしょう。

井手:何がまずかったのかとおっしゃいましたが、結論から言えば、経済問題について言えば、僕は「仕方なかった」と思います。誰かが悪いわけではない。

木本:特定の人のせいではなくて、時代の流れでそうなってしまったと。

例えば何のために国の借金が増えたかわかっていない人が多いと思うんですね。わけのわからないまま、借金返済のために消費税の引き上げが議論された、という発想しかなくなりますよね。

井手:重要なポイントです。なぜこんなに借金が増えてしまったんだろう。みんな漠然とまずいと思っている。破綻するんじゃないかとか。だから取られると仕方なく払うんですが、モヤモヤしている。借金がなぜここまで増えたかはどこかで考えなければいけませんよね。大きかったのは、給料が下がるしかない圧力が1990年代にずっと働いていたことですね。

木本:それはどうしてでしょう。

井手:たくさんありますし難しい問題ですが、できるだけかみ砕いて説明します。銀行がバブルの時に、不動産を担保におカネを貸していたのはご存知でしょう。バブルがはじけて不動産価格が下落して、担保が足りない。銀行が企業にもっと担保を出せというものだから、企業は借金をリスクに思うようになり、多くの企業の間で借金を返す動きが強くなった。

次ページ賃金低下の圧力に勝てなかった日本
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT