女子御三家を猛追!豊島岡、脅威の「集団力」

豊島岡女子学園 竹鼻志乃校長に聞く

どうやら、女子御三家、(桜蔭学園、雙葉学園女子学院)を脅かす“台風の目”として、急成長を遂げている学校があるらしい。池袋駅に程近い所に立地する豊島岡女子学園中学校高等学校だ。東大合格者は桜蔭、女子学院など御三家につぐ多さだ。医学部合格者も3ケタをたたき出す。1学年が350人前後であることからすれば驚異的な数字だ。
志望者からの人気も上昇している。だが、おそらく、カギは高い大学合格実績だけではないはずだ。では、その躍進の秘密はどこにあるのか、どのような生徒たちの育て方をしているのか。興味深い。
今回は、女子校の勢力図を塗りかえた“台風の目” 豊島岡女子学園中学校高等学校の竹鼻志乃校長に話を聞いた。

大学合格実績で女子御三家を猛追!

――高い合格実績とそれに伴う人気で、「御三家を猛追している」と評判ですね。

そのようなことはよく言われますね。今年は東大には27人が合格することができました。ですが、学校としては特別に意識していないんですよ。彼女たちの希望がかなうようにサポートするだけです。今後はさらに伸ばしていけたらと思っています。

みなさん、東大合格者ばかりに注目しますが、豊島岡では医学部合格者も多く出しています。今年度は117人。1学年が358人であることを考えれば高い水準だと思います。豊島岡では女子高としては珍しく、半分以上の生徒が理系志望です。

次ページ豊島岡、躍進のカギは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • あの日のジョブズは
  • 親という「業」
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT