鴎友は中3で英単語100万語を読破する

鴎友学園 吉野明校長に聞く

女子学院雙葉学園などの「女子御三家」を猛追する「準御三家」。前回は準御三家の筆頭、豊島岡女子学園を取り上げたが、今回はそれに続く注目校、鴎友学園に取材にいった。
東大合格者を急増している豊島岡に注目が集まりがちだが、実は鴎友学園もじわじわと実績を伸ばしている。OGに聞くところによると、独特なカリキュラムが特徴のようだ。実際にはどのような取り組みをしているのだろうか。吉野明校長に話を聞いた。

――鴎友というと女子御三家に続く「準御三家」と言われるまでの人気になりました。ですが、女子御三家に続く、「準御三家」の中では豊島岡女子学園ばかりが取り上げられています。鴎友学園の校風というと、正直よくわからないのですが、どういう生徒を育成しようとしているのでしょうか。

一言で表せば「インクルシブ(包括的な)リーダー」でしょうか。

世の中で必要とされるリーダー像は変わりました。かつてのように、猛烈な牽引力を発揮するような“インペリアル(独裁的な)リーダー”ではなく、皆の意見を取りまとめて、先導していくようなリーダーが必要になってきていると思います。

オバマ大統領だって、アメリカのワスプという立場からすればマイノリティですし、ヒラリー前国務長官やライス元国務長官だって、政界の中ではマイノリティです。でもそういう人だからこそ、多様な意見を集約して、まとめることができるのだと思います。

次ページ鴎友は中3で英単語100万語を読破する
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。