40歳推計年収ランキング<全上場企業編>

年収の高い30社、低い30社はここ

国内証券の雄、野村HDは2位にランクイン

関連記事:

最新「平均年収ランキング」トップ300

主要企業40歳年収ランキング<メーカー編>

主要企業40歳年収ランキング<ノンメーカー編>

40歳推計年収ランキング<最高益企業編>

全上場企業を40歳推計年収で高い順、低い順、それぞれランキングした。

労働生産性を「見える化」

1人当たり付加価値額を年収と比較し1人当たりの労働生産性を「見える化」。年収が低い企業の多くは付加価値額に占める年収の割合が高い。年収上位企業では1人当たりの労働生産性も高く、年収の占める割合は相対的に低い。

表にはないが、30社単純平均の勤続年数は上位14.0年、下位7.9年。給料の多寡が勤続年数に影響している可能性がある。

(注)全上場企業の40歳推計平均年収の高い企業と低い企業を選んだ。数字はすべて単独。◯純は純粋持ち株会社であることを示す。数字の記載がない企業、または単独会社の従業員数が50人に満たない企業はランキングから除外。★は今期もしくは来期で最高純益更新。★は今期、来期で連続最高純益更新(業績数字は東洋経済予想、3月14日時点)。付加価値額に占める年収は「平均年収÷1人当たり付加価値額」で算出(1人当たり付加価値額は下図参照)

次ページ上位30社は?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT