「営業増益額ランキング」トップ200

四季報最新号で見つけた今期大きく伸びる企業はここ

昨年10月に合併し新スタートを切った新日鉄住金が3位に入った(撮影:梅谷秀司)

5月下旬の大暴落以降、乱高下が続く株式市場。その中でも、投資家の間では好業績銘柄を物色する動きは強まっている。企業業績の回復が期待される注目の今期、営業利益が大きく増える会社はどこか。

先頃発売されたばかりの『会社四季報』夏号のデータを基に、東洋経済オンライン編集部では、全上場会社の中で今期営業利益が10億円以上、自己資本比率20%以上で、なおかつ今期最終黒字と予想される企業について、「増益額」の大きい順にランキングしてみた。増益率では算出不能な、赤字から抜け出す企業、額は大きくても増益率としては小さいため上位に顔を出さない好調な大企業も、ランキングの上位には登場している。

自動車躍進、鉄鋼も回復

『会社四季報』夏号(6月14日発売)

今期利益を大きく増やす業種の筆頭が自動車だ。急回復を見せた前2013年3月期に比べて、今14年3月期はさらに利益を増やし2兆円の営業益が予想されているのがトヨタ自動車。会社計画は1.8兆円の営業益見通しだが、上振れる可能性が高い。輸出採算が改善しているほか、北米や東南アジアでの生産が高水準。為替前提は1ドル=90円。足元93円まで進んだ円高でもなお安心感のある水準だ。ホンダ、日産自動車も大きく伸びてベスト5入りしたほか、富士重工業も11位につけた。

鉄鋼も急回復が見込まれる。3位に入った新日鉄住金は1年通しては合併後初の決算となるが、この合併分の通期化に加え、1500億円のコスト削減計画や在庫評価損の減少も大きい。業界2位のJFEもベスト10内に入り、存在感を見せた。

急激な業績の回復に株価が追いついていないケースもあり、PER(株価純資産倍率=株価÷1株純利益)が10倍割れと、一般的に割安とされる水準まできている企業も少なくなかった。

次ページ黒字化する理由
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • iPhoneの裏技
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT